JP/EN

提供サービス

SERVICE 提供サービス

状態を正しく把握する、動作解析システムを導入。

日本国内の一般のトレーニング施設では初となる、「3次元動作解析システム」をスタジオ内に完備。P3社で実践しているノウハウを活用し、科学的なアプローチによるアセスメントを実施。お客様のパフォーマンスを客観的なデータから正しく評価します。
  • MOTION CAPTURE
    MOTION CAPTURE
    モーションキャプチャー
    ユーザーの関節や体肢に複数のマーカーを付け、運動動作を三次元の座標で数値化。動作速度、関節の角度や角速度などを計測します。
  • HIGH SPEED CAMERA
    HIGH SPEED CAMERA
    ハイスピードカメラ
    1秒間に最大240コマが撮影可能なカメラで、運動動作を撮影。モーションキャプチャーと連動し、計測の精度を高めます。
  • FORCE PLATE
    FORCE PLATE
    フォースプレート
    力学的演算及び解析によって、床反力からカラダ全体や関節にかかる力を計測。運動動作中のカラダの特徴を力学的視点から解析します。

OUR APPROACHOUR APPROACH

お客様のパフォーマンス及びカラダをバイオメカニクス的視点から解析。アセスメントによる客観的なデータをもとに個々のニーズに合わせたトレーニングプログラムをデザインします。
  • 3D MOTION ANALISYS
    3次元動作解析
    動作解析システムを使用し、関節の角度や角速度、床反力、重心の位置などを数値化。客観的なデータから個々のカラダの特徴を把握します。
  • MOBILITY SCREEN
    モビリティスクリーン
    関節の可動域や柔軟性などを計測。3次元動作解析と合わせて評価することで、より具体的なアセスメントが可能です。
  • PROGRAM DESIGN
    プログラムデザイン
    競技特性や成果目標などを考慮し、アセスメント結果を複合的に分析。パフォーマンス向上やケガの予防に繋がるトレーニングプログラムを個別にデザインします。
  • FOLLOW-UP ASSESSMENT
    レギュラーチェックアップ
    トレーニング実施後に、定期的にアセスメントを実施。トレーニング効果を確認するとともに、新たな改善点を発見していきます。

科学的な知見に基づく、トレーニングを実施。

B.E.A.Tが提供するトレーニングの全ては「S&C」という考え方がベースです。欧米を中心に多くのアスリートが実践し、科学的な知見に基づいたトレーニングをお客様のレベルに合わせて提供します。
  • RESISTANCE TRAINING
    RESISTANCE TRAINING
    レジスタンストレーニング
    B.E.A.Tの基本となるトレーニング。バーベルやダンベル、Keiserなどを使用しカラダに負荷を与え、基礎的な筋力の向上を中心に、複合的な体力要素を高めていきます。
  • PLYOMETRICS
    PLYOMETRICS
    プライオメトリクス
    ジャンプトレーニングやメディシンボールスローを中心に、上半身または下半身の筋の伸張反射を使用したトレーニング。スムーズで効率的な切り返し能力の向上とともに、ジャンプ動作時の安全な踏切や着地といった動作改善も目的とします。
  • POWER TRAINING
    POWER TRAINING
    パワートレーニング
    ウエイトリフティング系エクササイズ(クイックリフト)、メディシンボールやバーベルを使用したトレーニング。様々な強度の負荷を与えることで、競技に必要となる爆発的パワー発揮能力を向上させます。
  • SPEED TRAINING
    SPEED & AGILITY TRAINING
    スピード&アジリティートレーニング
    直線的なスピード動作能力、素早く効率的な方向転換能力を向上。様々な方向への基礎ステップ動作、加速・減速・再加速を繰り返すトレーニングを、他のトレーニングと並行しながら行います。
  • CORRECTIVE EXERCISES
    CORRECTIVE EXERCISES
    コレクティブエクササイズ
    不適切な動作パターンや不良姿勢、カラダの各部位の機能改善を目的としたトレーニング。主に自重(自分の体重)を利用したエクササイズを行い、可動性や安定性の改善、動作パターンの質向上などをサポートします。

WHAT IS S&C ?

「S&C(ストレングス&コンディショニング)」は、スポーツ科学の先進国・アメリカで誕生し、発展した考え方です。「筋力」の向上を基本に、「柔軟性・持久力・スピード・パワー」といったスポーツに必要とされる「体力要素」を複合的に向上。この考え方を取り入れたトレーニングを提供することで、プロアスリートからレクリエーションアスリートまで、パフォーマンスの向上とケガの予防につなげていきます。

経験と知識が豊富なトレーナーがお客様のトレーニングをサポート。

中村 正彦
中村 正彦
PERFORMANCE DIRECTOR
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)。大学卒業後にCSCSを取得。オリンピック代表選手やプロアスリートなど、様々な競技スポーツのトップアスリートのトレーニングコーチを歴任。また、一般の方たちのパーソナルトレーナーとしても豊富な経験を有する。
反町 幸介
反町 幸介
PERFORMANCE SPECIALIST
NSCA認定パーソナルトレーナー(CPT)。フリーのパーソナルトレーナーとして、幅広い年齢層に対して、トレーニング指導の経験を有し、個別の体力レベルや目的に合わせたトレーニングメニューを作成し、指導。
鈴木 進介
鈴木 進介
PERFORMANCE SPECIALIST
NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)。関西の大手フィットネスクラブにて指導経験を積む。退職後、S&Cコーチを志し上京。S&Cを学ぶとともに、高校やパーソナルトレーニングジムにおいてアスリートから一般の方まで幅広く指導を行なう。
竹原 直久
竹原 直久
PERFORMANCE SPECIALIST
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)。かつてショートトラックスピードスケートの選手として活躍。2010年全日本選手権総合5位、国体1000m 優勝。現在は、一般の方から競技選手までをサポート。
久保 篤史
久保 篤史
PERFORMANCE SPECIALIST
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を卒業後、アビスパ福岡アカデミーフィジカルコーチ、ジェフユナイテッド市原・千葉アカデミーコンディショニングコーチを歴任し、育成年代のサッカー選 手に対するトレーニング指導、コンディショニング指導を行う。指導してきた選手の中にはJリーグ、海外のリーグでプレーする選手も。
近藤 拓
PERFORMANCE SPECIALIST
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)。大学時代に陸上競技(110mh)を行っていた時、S&Cのトレーニングに出会う。トレーニングにより競技力向上を実感したことから、S&Cコーチになることを決意。一般の方からアスリートまでトレーニング指導を行う。
石川 鉱基
PERFORMANCE SPECIALIST
大学時代にアメリカに留学しトレーナー活動を始める。現在はアスリートから 一般の人まで幅広くトレーニング指導を行うとともに、社会人ラグビーチームでも指導を行っている。
加藤 珠奈
PERFORMANCE SPECIALIST
NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT) 専門学校在籍時から一般の方やアスリートを対象としたトレーニング指導を実施し、経験を積む。 現在はアスリートや社会人チームなど様々な分野、年代への指導を行っている。
磯谷 勇輔
PERFORMANCE SPECIALIST
日本トレーニング指導者協会 JATI-ATI 大学女子駅伝部やテニス部のトレーニングやコンディショニング指導行い経験を積む。大学時代から動作解析を専門としている。現在はアセスメントの分析とアスリートから 一般の人まで幅広くトレーニング指導を行っている
喜多 智哉
PERFORMANCE SPECIALIST
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)。NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)。 日本体育大学大学院博士前期課程を修了後、現在は理学療法士資格の取得を目指しながら幅広い年齢層に対してトレーニング指導を行う。
CONTACT